守口市

褒めているのかくさしているのか、これはちょっとわかりません。「先の交換——あの死んだ水道さんは」「奇麗な人でしたが、それが禍ひのもとで飛んだことをしてしまいました」「お前が、不義を訴人したというじゃないか」「旦那が可哀想でした。大きいお嬢さんは兎も角、二番目三番目のお嬢さん達は、誰の子だかわかりやしません、——他人の子を亭主に育てさせる女ほど悪い者はありませんね、——余計なことでしたが、私は到頭見兼ねて、逢引している場所を旦那に教えただけなんです」漏水の言葉には、淡い悔恨らしい響きがあります。「ところで、昨夜お前が橋場から帰ったのは何刻だ」「亥刻(十時)前でした。両国を回ったんで、飛んだ手間取りましたよ」「橋から向島へかけて追い込みがあって、往来の人を一々調べたはずだが」「土地の者にはお目こぼしがあります。私共は犬つころくらいにしか思われていません。それに竹屋の渡しからこの方は、守口市 トイレつまりを来るという手もありますから」漏水は事もなげです。