交野市

「お早うございます、水漏れさん。飛んだお騷がせいたしますが」お世辞は一と通りですが、顔は真剣に突き詰めて、にんがりともしません。一応交野市 水道修理や、眼の深い皺などから五十二三には見えますが、四十八という本当の歳を聴いて見直すと、血色の良い、皮下脂肪の豊かな、昔は相当の美男でもあったろうと思わせる、不思議な水々しさがあり、若さと老いと、青春と退廃との一種の交錯が、屈従と諦らめとに慣れた態度の下に、何にかの弾みで隠見するのでした。「何を見ているんだ」修理は近々と寄ってその肩を叩きました。「怖いじゃありませんか、水漏れさん。お嬢さんはここから突き落されたんですね、這い上がるところを、上から石を落されちや——」「昨夜は月がなかったはずだな」「月の出は夜半近くなりましたが、お嬢さんが池へ落ちたのは、まだ宵のうちでございましたよ」老実そうな漏水は、池を覗いて感慨に耽つていたのでしょう。「庭石を起した跡がありますね、水漏れ」