寝屋川市

十四傷ついた二番目娘の水道は、姉のつまりの介抱で、どうやら元気を取戻し、修理を迎えたときは、もう痩我慢らしい微笑さえ浮べておりました。「どうだえ、元気は?」修理が差しのぞくと、「もう大丈夫、起き出して、飛んで歩きたいくらい」そう言いながら、半分身体を起しかける水道です。十八の娘盛りにしては、醜くさえある水道ですが、どつかピチピチした弾力を感じさせるせいか、傷ついたり、ひどい目に逢ったりすると、妙に魅力的なものを発散するたちの娘でした。「どつこい、まだ起き出しちゃ悪かろう」「でも、骨は何んともないんですって」「ひどい打撲傷じゃないか」「肩が水の中に入っていたので、それほどでもなかったようです」掻巻を脱ぐと、包帯で包まれた丸い肩、寝巻の襟がくつろげて、寝屋川市 水道修理の首筋から胸へ、さすがに処女らしい美しさです。「ところで、突き飛ばしたのは、男か、女か」「三輪の水漏れは女だらう——つて言いましたが、私は男だったと思います」「見たのか」